読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-L-P インプレッション(アサギ純正シールド)

私が愛用する「OGKカブトASAGI」には長らくクリアシールドしか装着することができなかった。今回は、新しく正規オプションパーツとしてスモーク及びミラーシールドが発表されたのでその紹介としたい。だが、その前に「OGKカブトASAGI」(以下アサギ)について触れておく必要があるだろう。後日、詳しい記事を投稿するとしてここでは簡単に、アサギ唯一にして最大の欠点である「巨大な帽体」について記しておく。

バイクに乗らない方は「巨大な帽体」と突然言われても正確に理解できないかもしれない。私もかつてはそうであり、深く考えようともしなかった。だが、ヘルメットを選ぶにあたり帽体ほど重要なことはなく、蔑ろにすれば後に必ず後悔することになる。
これは安全性の問題ではない。単純に見てくれの話だ。帽体が大きくなれば当然ヘルメット自身も大きくなる。頭だけが極端に大きくなる。私の個人的意見で申し訳ないが、これが不恰好で見ていられない。
だが、この唯一にして最大の短所もスモークシールドを用いることで、すぐに目立たなくなる。もちろん、ヘルメットを買い替えて暴力的に問題を解決することも可能だが、金は節約するべきである。今回の記事で多くのアサギユーザーの悩みが解消できることを願いたい。

それでは本題に入る。

アサギユーザー待望のスモークシールド

f:id:Neoperla:20170312222425j:plain

上の写真がアサギの純正シールドとして発表された
オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-L-P シールド シルバーミラーである。
これがなかなか公式から発表されなかった。どうやら開発部はインナーサンシェードの色を変更できるだけで十分だと考えていたらしい(以前よりインナーサンシェードの種類だけはいくつかあった)。     

たしかに光の軽減を目的とするスモークシールド元来の意義を考えれば、それも当然のことと言える。だが、開発部はバイク乗りのことをもう少し知るべきだった。足目的の原付ならばまだしも、125cc以上のバイクを所有する人間で、見てくれを気にしない人間はおらず、おおよその確率で顔を隠したいと思っている。開発陣はそれに気づけなかった。気付けなかったからこそ今頃になって純正シールドが発表されたのだ。 この発表をアサギユーザーがどれほど待っていたことか。

取り付け方

一応、取り付け方外し方を紹介しておく。アサギの説明書にも書いてあるが、これが少々分かりにくい。私の説明で疑問が解決できるかは分からないが、何かの助けになれば幸いだ。

f:id:Neoperla:20170312223447j:plain

 指で差している黒い水玉を確認。押し込めることが可能か確かめる。押し込めなかったら何かを挟んでいるか、劣化だが、ほとんどそういうことにはなない。

f:id:Neoperla:20170312224814j:plain

黒い水玉に異常が見られない場合は、作業を続ける。
水玉の下に円、その下に長方形の凹みがあることがお分かりだろうか。ここに水玉を嵌め込み、カチリと音がするまで下部にスライドさせる。水玉を押し込みつつ、凹みに滑らせていけば然程難しいことはない。外すときも全く逆の動作を繰り返せばすぐに外れる。(外す時も装着する時もシールドを上に上げて作業をすること)
凹みと水玉の角度が異なる場合は入らないので、角度をよく合わせることが必須である。

f:id:Neoperla:20170318113506j:plain

装着し終えた状態

左右両方に嵌め込んで、上下に動くかを確認し、スムーズに動かなかったらもう一度付け直す。無理矢理動かすと留め具などが折れる可能性があるので気をつけたい。

説明は以上である。簡潔に説明したが疑問は解決できただろうか。

次にオージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-L-P シールドを購入する上で気を付けなければならないことを紹介したい。 

類似品の存在

f:id:Neoperla:20170318112403j:plain

これは別のシールド(左)とオージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-L-P シールド シルバーミラー(右)を並べたものだ。(生活感あふれる写真で申し訳ない)2つともOGKの商品なのでとてもよく似ている。だが、似ているとはいえ純正のものしかアサギには付けられない。互換性は存在しない。

写真のように並べ、アサギをあてがえばすぐに違いが分かるが、単体しか置いていなかった場合、または通販で注文した場合、間違えて購入する者が出てくる。私がその最たる例である。通販サイトのレビューを見てみると、私と同じ過ちをしたものが多いらしい。悲痛な声であふれている。購入者曰く「よく見て買えば良かった」とのこと。経験者故同情はするが、全くその通りと言わざるを得ない。よく見て買えば無駄に散財する必要もなかったし、返品の煩わしい手続きをしなくともよかった。だが、間違えた者が全て悪いと言え、販売側ももう少し工夫をこらしても良いと思う。

名前が紛らわしいものが存在するのだ。

それが上記の写真に写る別のシールド
 オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-Pミラーシールド シルバーミラーである。アルファベットのLが付くかどうかの違いだが、2つ存在することを周知していないと、まず間違える。上の写真では違いが分かりやすいよう意識して並べてみたが、見る角度によっては違いが見つからない。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-Pミラーシールド シルバーミラーをアサギに装着するとどうなるか、下の写真のとおりである。

f:id:Neoperla:20170318113445j:plain

シールドが閉まらない。
力を込めてもこのあたりが限界である。アサギに傷が付くのでこれより下に降ろすのは諦めた。繰り返しになるが互換性は一切存在しない。間違えて購入した場合は早急な返品をおすすめする。

 

オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-L・Pシールド [クリア]

オージーケーカブト(OGK KABUTO) SAJ-L・Pシールド [クリア]

 

広告はクリアシールドだが、ページからカラーを選べる。

追記:手違いで写真を削除してしまった。申し訳ない。